こんにちは、東北大OLCのだいこです。

まずはじめに第41回東北大大会への多くのエントリー、ありがとうございました!みなさんにスタートで会えることを心待ちにしています!

また、「ぼーっとしてたら申し込み締め切り過ぎちゃった」とか「やっぱり行こうかなあ…」と思っているそこのあなた!大丈夫です、当日参加があります!運営者一同、頑張って準備をしているのでぜひぜひご参加ください🙌

 

さて、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、「仙台にいぐすか!」が帰ってきました!終わる終わる詐欺をしてしまい申し訳ありません…。まだ伝えたい仙台の魅力がたくさんあるので、これからもぼちぼち更新していきたいと思います!まだ続くのかよ…と思わず温かい目で見守ってくださると嬉しいです…!

 


 

唐突ですが、オリエンの後のお風呂って最高じゃありませんか…?

というわけで今回は秋保温泉についてご紹介します!

前回コースプランナーの青芳くんにインタビューをした際、秋保温泉の話題で盛り上がったので、みなさんにもその魅力をお伝えできればと思います♨️

 

 

<秋保温泉って?>

 秋保温泉の歴史は古く、昔は皮膚病の一種を癒したと伝えられ、このとき「名取の御湯」の称号がつけられました。以後、秋保温泉は皇室の御料温泉の一つとして位置づけられ、「日本三御湯」のひとつと称されるようになり、伊達政宗公も秋保の湯を愛したそうです!

 

上が秋保温泉のマップです。おそらく細かくて見えづらいと思うのでこちらをダウンロードしてみてください。

秋保温泉には宿泊場所が21つ、日帰り温泉が16つとたくさんの施設があります!

こちらからはオリエン後にも気軽に行きやすい日帰り温泉がまとまったサイトにとぶことができるので、ぜひご覧ください!

 

 

<どんな温泉?>

温泉の成分は以下のような感じです!

①塩化物泉
海水の成分に似た食塩を含み、入浴後も肌についた食塩が汗の蒸発を抑えてくれるため、湯冷めしにくく保温効果がある。高齢者、回復期の病人などに最適な湯。
②単純温泉
無色透明、無味無臭の温泉。刺激が少なく、効能も様々。「名湯」といわれる温泉が多い。
③硫酸塩泉

主な効能は関節痛・捻挫・冷え性・疲労回復・切り傷などです!

…どうですか?オリエン後に最適ではないですか?

 

 

<どこの温泉がおすすめ?>

先ほども書いたように、秋保温泉には多くの温泉があります。したがってそれぞれの温泉によって様々なサービス、構造、値段となっています。その中で今回はおすすめの日帰り入浴施設をご紹介します!

 

市太郎の湯

明るい陽射しが舞い込む浴室は、檜の香りに包まれ、身体の芯から温まる天然温泉です。
自然庭園の四季の風景を背景に入浴できる露天風呂は、とりわけ気持ちがよいと評判です。市太郎の湯には、檜の香りの広々とした内湯の他に、2ケ所の露天風呂があります。

ここには実際行ったことがありますが、本当に内装がきれいで檜のいい香りがしました!人が大勢いるわけでもなく、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

ちなみに青芳くんもこの市太郎の湯をお勧めしていましたよ!

温泉から出た後はそば処・市太郎での食事や、天守閣自然公園の散策など温泉以外もとことん楽しめる場所となっています!

 

営業時間:10:00~18:00(受付は終了時間の1時間前まで)
料金:大人800円、中学生730円、小学生400円、幼児200円(1~3才)
アメニティ:バスタオル(レンタル)100円、タオル 200円

※シャンプーやリンスなどはあります

市太郎の湯

 

 

華乃湯

噴する湯量豊富な自家源泉はその豊かな効能に「神の湯」と呼ばれています。
温泉ソムリエの湯守が愛してやまない湯の良さと、自然に囲まれた露天風呂でのリラックス効果が自慢だそうです!

ここでは趣の異なる山沿い露天風呂、川沿い露天風呂、長寿の湯、展望大浴場の4ヶ所の湯めぐりができます。季節や時間帯で刻々とその魅力が変わります。

 

営業時間:10:30~15:00(受付14:00まで)
料金:大人900円、小人600円(3才~小学生)
アメニティ:タオル200円、バスタオル(レンタル)300円

※シャンプーやリンスなどはあります

華乃湯

 


 

いかがでしたでしょうか?

オリエンとは切っても切れない関係である温泉、ぜひ行ってみてくださいね…!

 

今回の記事は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

参考文献

http://www.sentabi.jp/onsen_akiu/top-akiu/

http://akiusato.jp/tabi/onsen.html

カテゴリー: 観光案内