こんにちは、東北大OLCのだいこです。

 

ついに東北大大会まであと6日になりました!

もう1週間も無いんですね…時の流れが早すぎます…。

プログラムもスタートリストも公開されて、実感とかわくわく感がわいてきているのでは無いでしょうか?私も大会開催が待ち遠しいです!スタートで皆さんの顔が見られるのを楽しみにしています✨

 

さて、今回はゴールパートチーフの波多野僚さんにインタビューをしました!

レースを終えた選手の皆さんのケアが大切になるゴール地区。どのような準備をしているか、どのような気持ちで臨もうとしているか、など様々な話を聞くことができました!

少し長くなりますが、読んでいただけると嬉しいです。

 


 

まず私から軽く紹介をしようと思います!

波多野くんは大学院1年生ですが、オリエンは入部して3年目なので同期になります。

(実は私と同郷なので、密かに親近感を抱いています…笑)

私のイメージは何でも相談できる頼れるお兄さんという感じです…!

では、早速インタビューの模様をお届けします🎤

 

 

 

ー   ではまず、軽く自己紹介をお願いします。

 

波多野   東北大学オリエン部3年目の波多野僚です。よろしくお願いします!

 

ー   よろしくお願いします!

ー   波多野くんはゴールパートチーフということで、最初にゴールパートの主な仕事をお聞かせください。

 

波多野   主な仕事は選手が帰ってきた時のタイムとゼッケン番号を確認することだね。スタートした人が全員帰ってきて、山の中に取り残されていないかを確認します。

 

ー   帰還チェックは一番大事だよね…!

 

波多野   そうだね。他には、地図回収とか給水とか会場誘導、あとは怪我人をされた方がいらっしゃったらその手当てなどがありますね。

 

ー   挙げてもらうと、結構いろいろな仕事があるんだね…!

「ラストです、頑張って下さい!!」って言っているイメージが私の中では強い笑

 

波多野   そう、結構いろいろあるんだよね~

 

ー   じゃあその仕事や当日までの準備で大変なこととか結構ありそうだね…。

 

波多野   ラスポゴールと会場誘導のストリーマーがちょっと大変。会場誘導のストリーマーは意外と結構な量になるので地味な作業を長々とやることになっちゃう。
そしてラスポゴールもテープが痛んでるから回収して綺麗に巻き直すのが結構手間がかるね~。

 

ー   私もスタートパートで、スタポ誘導の赤白ストリーマーつけたことあるからすごく分かる!

だからスタートパートでは、簡単にほどける結び方を代々伝えているんだよね。引っ張ったらすぐに取れるの。

 

波多野   えっ知らない…教えてほしい!

 

ー   またあとで笑

 

波多野   それと大変っていったら、同時にゴールした人がいるとゼッケンの確認が疎かになってしまう可能性があることかな。確認漏れがあると大変なことにつながるからね。そこはちゃんとしたいので2人で記録します。

あ、あと蚊がすごいからその対策もしないといけない笑

 

ー   あー…蚊の対策はスタートも必要だ笑

ー   話は変わるけど、どうしてゴールパートチーフに立候補したの?

 

波多野   研究とか就活で忙しくて、あまり大会に関わることができないと感じていて、せめてゴールパートのチーフとして貢献したいと思い立候補しました。「活躍した」っていう1つの指標が欲しいなと。

まあ、就活でこのことを言えたらいいなっていう理由もある笑

 

ー   なるほど!そうだよね、今の時期大変だよね…。

ー   ではゴールパートとして、ゴールした方へどんな対応を心がけたいですか?

 

波多野   やっぱりゴール後は人によって様々な気持ちになっていると思います。上手くいったとか、失敗したとか、怪我をしたとか…。そんな状況を見極めて、臨機応変に対応できたらいいなと。

心のオアシスというか…「実家」みたいな存在になりたい笑

 

ー   なるほど笑

実家に帰ってきたかのような安心感みたいな。

 

波多野   そんな感じが欲しいね!

 

ーでは最後に大会への意気込みをお願いします。

 

波多野   参加者の皆さんはインカレ直後ということで、オリエンに対して熱を持っていると思います。その熱に応えられるように、運営者一同も熱を持って対応していきます!ぜひ一緒に大会を盛り上げましょう!当日お待ちしています!

 

ー以上でインタビューは終わりです。ありがとうございました!

 

波多野   ありがとうございました!

 


 

いかがでしたでしょうか?

聞いてみるとゴールパートにも様々な仕事があるんですね…!当日は実家のような安心感を持って、皆さんを迎え入れてくれることでしょう!

今回は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました!

カテゴリー: 第41回本大会